健康宣言

当社は、会社の成長を支える社員の心身の健康管理を経営的な視点で考え、健康保持増進活動に対する積極的な支援と組織的な健康づくりメニューを推進することによって、社員が心身共に元気でイキイキと働き、企業力を高め一緒に成長することで、地域や社会に貢献できる会社を目指します。

健康管理方針

第1条(目的)
当社は、「健康宣言」に基づき、社員の心身の健康保持増進と健康で快適な職場環境の形成を目的として、健康管理についての方針を定める。

第2条(体制)
(1)当社は、健康管理推進・実施するため、健康推進チームを組織する。
(2)健康推進チームは、健康管理に関して実施計画を定め、安全衛生委員会とも連携し、実施計画を推進する。
(3)健康推進チームは、健康管理の実施状況について取締役会に 報告する。

第3条(取組内容)
当社は、社員一人ひとりが心身の健康保持増進に自主的に取組めるよう、健康づくりメニューを健康保険組合と共同で支援する。法令遵守を基本とし、予防医学の見地から、以下の枠組みを体系的かつ包括的に健康管理を実施する。
(1)職場のコミュニケーションの活性化等により、職場の環境を改善する取り組みを推進する。
(2)社員への健康啓発や予防接種の実施等により、「疾病予防」の取り組みを推進する。
(3)健康診断等の実施徹底や健康診断後の保健指導等により「疾病 早期発見・早期措置」の取り組みを推進する。
(4)休業と職場復帰など体制の整備等により、「疾病の再発防止・重症化予防」取り組み推進する。

第4条(改廃)
本方針の改廃は取締役会において決定する。但し、軽微な修正は、健康推進チームを統括する役員にて行うことができる。

(附則)
本方針は2019年9月1日から実施する。

 

ダイハツ福島株式会社健康推進チーム

〈主な取り組み〉

定期健康診断の実施率向上
●定期健康診断100%の実施
●特定保健指導受診率の向上

メンタルヘルス対策
●ストレスチェックの実施
●長時間労働者と面談
●産業医・外部委託機関

時間外労働の削減と年次有給休暇取得の促進
●毎日終礼を実施し、業務の進捗状況の確認及び時間外労働の事前申請と許可を実施
●計画的有給休暇予定表の作成と取得状況の確認(リフレッシュ休暇5日取得)

健康づくりイベントの実施
●健康の保持増進に向けた組織的な健康づくりメニューの実施
●インフルエンザ予防対策の実施