健康宣言

当社は、会社の成長を支える社員の心身の健康管理を経営的な視点で考え、健康保持増進活動に対する積極的な支援と組織的な健康づくりメニューを推進することによって、社員が心身共に元気でイキイキと働き、企業力を高め一緒に成長することで、地域や社会に貢献できる会社を目指します。

健康管理方針

第1条(目的)
当社は、「健康宣言」に基づき、社員の心身の健康保持増進と健康で快適な職場環境の形成を目的として、健康管理についての方針を定める。

第2条(体制)
(1)当社は、健康管理を推進・実施するため、健康経営推進チームを組織する。
(2)健康経営推進チームは、健康管理に関して実施計画を定め、産業医、健康保険組合、安全衛生委員会とも連携し、実施計画を推進する。
(3)健康経営推進チームは、健康管理の実施状況について、取締役会に報告する。

第3条(取組内容)
当社は、社員一人ひとりが心身の健康保持増進に自主的に取組めるよう、健康づくりメニューを健康保険組合と共同で支援する。法令遵守を基本とし、予防医学の見地から、以下の枠組みを体系的かつ包括的に健康管理を実施する。
(1)職場のコミュニケーションの活性化等により、職場の環境を改善する取り組みを推進する。
(2)社員への健康啓発や予防接種の実施等により、「疾病予防」の取り組みを推進する。
(3)健康診断等の実施徹底や健康診断後の保健指導等により「疾病の早期発見・早期措置」の取り組みを推進する。
(4)休業と職場復帰など体制の整備等により、「疾病の再発防止・重症化予防」取り組みを推進する。

第4条(改廃)
本方針の改廃は取締役会において決定する。但し、軽微な修正は、健康経営推進チームを統括する役員にて行うことができる。

(附則)
本方針は2018年9月1日から実施する。

ダイハツ福島株式会社 健康経営戦略マップ

当社では健康宣言にもあるように、社員が心身共に元気でイキイキと働き、企業力を高め一緒に成長することで、地域や社会に貢献できると考えています。
そのため健康宣言を通じて「社員の健康保持増進とパフォーマンスの向上」を図るべく、「ES・CS・DSの向上」、「ワークライフバランスの充実」、「アブセンティーズムの低減」、「プレゼンティーズムの低減」を目指します。
そしてそれらの健康経営の目標や取り組みを「健康経営戦略マップ」とし、全社員が一体となって健康経営への取り組みを推進して参ります。

<健康経営の効果について>
当社は2018年9月に健康宣言を行い、健康経営に取り組んでおります。
健康宣言の中にもあるように具体的な取り組みとしては、定期健康診断受診率 100%、特定保健指導受診率の向上、ストレスチェックの実施、新型コロナウイルス・インフルエンザ等感染症予防対策の推進、長時間労働の削減と有給休暇取得促進、メンタルヘルス不調の未然防止と再発防止に向けた取り組みの推進、社員への運動機会提供などの取り組みを推進してまいりました。
経年でPDCAサイクルを回しながら取り組み、従業員の意識に徐々に変化が表れ、時間外労働の減少、有給休暇取得日数の向上など働き方改革も進み、定期健康診断有所見率の低下など従業員の健康への意識も向上しました。その結果、従業員の健康の保持増進とパフォーマンスの向上に繋がってきております。

ダイハツ福島株式会社 健康経営の推進体制について

当社は、下記の体制で、経営トップをはじめ全社で健康経営に取り組んでおります。

〈主な取り組み〉

健康経営の推進
●健康経営推進協議会を年2回開催
●健康管理推進委員会を年2回開催
●EAP定期報告を年4回開催
●安全衛生委員会を毎月開催(働き方改革委員会を年6回開催)

定期健康診断の実施率向上
●定期健康診断100%の実施
●特定保健指導受診率の向上
●インフルエンザ予防対策の実施

メンタルヘルス対策
●ストレスチェックの実施
●長時間労働者と面談
●産業医・外部委託機関(EAP)との連携
●管理職向けメンタルヘルス研修会を定期的に実施

ワークライフバランスへの取り組み
●毎日終礼を実施し、業務の進捗状況の確認及び時間外労働の事前申告と許可を実施
●計画的有給休暇予定表の作成と取得状況の確認(リフレッシュ休暇5日取得)

健康づくりイベントの実施
●健康の保持増進に向けた組織的な健康づくりメニューの実施
●健康チャレンジキャンペーンの実施
●社内球技大会の実施

禁煙対策
●喫煙率を下げる

新型コロナウイルス感染症対策
●毎朝の検温、体調管理の確認
●マスク着用、手洗いの励行、手指アルコール消毒
●飛沫感染防止パネルの設置
●定期的な換気
●「3密」を避ける

「健康経営KPIに関する数値目標」

健康経営推進におけるKPIとして以下の8項目を設定し、進捗の確認および目標達成に向けて取り組み、社員の心身の健康保持増進と健康で快適な職場環境づくりを推進してまいります。

<分析(傾向と課題)>
・喫煙者比率が依然として高い水準である。喫煙率低下に向けて「禁煙ガイドブックの配布と禁煙外来治療費の補助」を行い、喫煙率の低下に向けた取組を推進する。
・運動習慣者比率も低水準のままであり、社員の健康増進のために「健康チャレンジキャンペーンの実施と職場で気軽に体操ができるリーフレット等」を配布し、運動習慣の定着に向けた取り組みを推進する。

健康経営に関する取り組みのご紹介

女性社員の健康増進と更なる活躍を目指して「健康管理セミナー」を実施
当社では女性社員の健康増進も重要な取り組み課題と考え、総務・人事部門の女性社員が中心となり、「女性の健康」~これからも笑顔ですごすために~セミナーを開催いたしました。

メンタルヘルス不調者の発生予防・早期発見・早期対応を目指して管理職向けラインケア研修・新入社員研修を実施
当社ではメンタルヘルス不調者発生の未然防止と早期発見・早期対応を社員の健康課題と考え、EAP相談室と連携しながら、対応リーフレットの配布と各種研修会を定期的に実施しております。

社員の運動機会増進や社員間のコミュニケーションの促進に向けて
当社では、社員の運動機会を増加させることを社員の健康増進に向けた健康課題の一つと考えています。また、社員間のコミュニケーション促進も職場の活性化や社員のメンタルヘルスの影響から重要な取り組みとして位置付けております。

I&Iグループ球技大会

新型コロナワクチン職域接種
当社では、健康経営優良法人として、また地域社会貢献活動の一環として、社員・家族と取引先(新型コロナワクチン感染症対策本部・郡山市産業観光部産業政策課など)へ職域接種を行っております。